みなさんは「ビジネスアナリスト」と聞いて、どんな人を想像するでしょうか。テレビの経済ニュースを見ていると、「〇〇研究所の主任アナリストの何某さん…」なんて紹介があったりしますから、「ビジネスアナリストは、どこかの専門的な研究機関にお勤めの方なのかな?」…と思われるかもしれません。

国際的な非営利団体のIIBAでは、ビジネスアナリストとは、そのものズバリ、ビジネスアナリシスを行う人で、肩書や立場を限定しないものであると定義しています1)https://newisconsin.iiba.org/what-business-analyst。うーん、何だかわかったような、わからないような…。具体的にはどんな人たちなのでしょうか。

「ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか -あるITリーダーの冒険」という本があります。この本は小説ですが、CIOの役割について、わかりやすく教えてくれます。この本の中で、IT部門の中に、プロセス改善、新たなITアプローチを担当するグループが出てきます2)https://www.amazon.co.jp/dp/482226243X 第三章「CIOのリーダーシップ」。このグループは、いわば、社内のコンサルティンググループです。こういった組織を持っている日本企業は少なくないと思います。この組織に所属する方たちは、まさにビジネスアナリストの候補と言えるのではないでしょうか。

プロセス改善の組織を、業務部門側に置いている日本企業もあるでしょう。「業務プロセス改善チーム」とか「BPRグループ」とか、名称は様々ですが、この方たちもビジネスアナリストの候補に加えることができると思います。

ビジネスアナリストとは、研究所に就職しなければなれないものではなく、意外と身近な存在です。IIBAが定義するビジネスアナリシスは、知識体系であるBABOKから確認することができます3)https://www.amazon.co.jp/Babok-Guide-Business-Analysis-Knowledge/dp/1927584027。ビジネスアナリシスを学ぶことで、より洞察にあふれた業務分析を行うことが可能になるかもしれません。

オブザーバー 市川義規

References   [ + ]